BLOG  私流「50女」夢中になる生き方!

こんにちはチオマです。

 

ここ2~3日、薄い毛布で寝るには寒いですね。

(それでも肉襦袢をきているわたしは、T-シャツ、ステテコで寝ています)

 

今回は同年代の女性たちへの応援歌として書きます。

BLOG  私流「50歳」になった女性へ!夢中になる生き方!

私はちょうど2年半前に通信大学へ入学しました。

もともと学生の頃は勉強が嫌いで、いかにさぼるか手を抜くかを考えていたような気がします。

 

16の自分へ何か言うことができるなら、「真剣に勉強せぇー!!」でしょう。

 

今は、通信大学の卒業と日本語教師の学校卒業を9月に控えています。

そして、教師たるもの字は美しく書きたいと、習字教室に通う予定です。

何故?どこから、やりたいこと湧き出てくるのでしょう(学問に飢えているような気がします。)。

それは、離婚して、母子家庭で会った時代の話にさかのぼらなければなりません。



30代前半の厄年

離婚しましたね。

 

それまで専業主婦だったので、息子ちと離れ離れになり、夜は必至で働き昼間は下の子の世話をして暮らす日々でした。

この頃から、男性に養ってもらうことに違和感を覚えていました。

専業主婦から、正社員の仕事を得るために15年以上かかりました。

 

 

やりがいのある仕事

丁度、大学病院の入院医療事務をしていたころ、自分の受け持ちで発生する治験というものをしり、それに関して働いている人は結構な収入を得られることをしりました。

 

そして、その道を目指します。

というのも、大学病院の医療事務は委託として働いても手取りで16万で下の子と二人で暮らしてはいけないような収入でした。

大学病院の入院医療事務をしていれば、レセプトの関係で手術や処置、薬剤や病名も理解していましたので、臨床開発の業界への転職はそれほど難しくはなかったです。

 

ただし!派遣です。

専門学校卒ですし、未経験だったからです。

正社員で臨床開発の業界で働くには理系、薬剤士、看護師、博士等でなくては、とても難しいです。

とまぁ、それから15年近く2回ほど正社員として、その業界で働きました。

天職だと思っていました。。。。

肩たたきにあうまでは。

 

通信大学へ入学

肩たたきにあった会社は大企業、某外資系メーカーです。

給料はそこそこでしたが、刺し合いのような環境でした。汗。

・・・

 

さ、通信大学!実は30代中ごろからずっと夢見ていました。

大卒へのあこがれと英語を基礎から深く広く勉強したいと思い入学しました。

語学センスがある人は長期記憶の量が多いと言われています。

それは語学だけでは、ないんじゃないかな?と思います。

 

勉強は大好きですが、センスないです。

100点は無理です。

いけて、93点の記憶力です。

 

人の倍、勉強して、人並みギリギリです。

でも、大学は楽しいです。

学ぶことは楽しいです。

 

夢中になる

夢中になれるものは人それぞれですよね。

私は学問です。

とくに言語と異文化コミュニケーションについては、修士課程をやりたいくらいです。

(次の目標は修士です。)

あと、パン作り!

 

子供の頃、学生の頃、見ていた夢はなんですか?

あなたにもあるはずです。

 

自分探ししてみませんか?

 

50代まだまだ働けます!勉強できますよ!

あなたの好きを形に、夢を形にしてみませんか?

 

そんな生き方をしていると、若い人達の刺激になります。

あーいう大人になりたい、あーいう50歳になりたいと言われます。

 

頑張れ!同世代!!

 

お体ご自愛下さい。

 


全般ランキング