BLOG「アフリカ」の旦那さまは夕方になるとでかける

こんにちはチオマです。

 

今日も暑かった!

今日は大学の夏季スクーリングです。といっても資料読んで、レポートになってしまったのですが。

スクーリングは楽しいですよ。先生や友達と直に話せるから、モチベーションの維持になりますしね。

今日のお題

異文化交流「アフリカ」の旦那さまは夕方になるとでかける

です。汗

 

 

異文化の結婚生活はどこまで、受け入れてどこで自文化を守るのか。

アフリカとアフリカだったら、それほど変化はないと思いますが、

アフリカと日本は結構なギャップがあると思います。

 

女性蔑視

アフリカの文化ですね。

例えば、ナイジェリアの男性と結婚した女性に子供ができない場合、彼らはどうすると思いますか?

アメリカのように養子縁組が進んでいたとしても、彼らの文化では自分の国の誰かに自分の子供を産ませます。

私の友人(ナイジェリアの男性)は、日本にもナイジェリアにも奥さんがいて、子供がいる人がたくさんいます。

戦後の日本、男尊女卑よりも上の感じですね。

一夫多妻を認めていない、クリスチャンでさえ、一昔前は普通に奥さんを何人ももらっていたようですから・・・(旦那から聞きました。だから事実です。)

長男は同じ種族の女性をめとらないといけないとか?

いろいろなしきたりがあります。

彼らの考え方は、奥さんはすべてサポートして手伝うべきだという考え方です。

めんどくさいことは自分ではしませんね。まず・・・



旦那は夕方になると出かける

これはうちだけではないと思います。

まるで20代独身のように、徘徊したくなるようです。

基本、うちは野放しなのです。

人に依存するタイプではないので、何処へ行っただのなんだの聞きません。。

 

これは、文化の違いだから?私は逆に、家が居心地よくて、出不精になりました。

まぁ学校の勉強がここ2年以上あったことも要因ですが。

 

Time is money…時は金なり

年齢のせいか、私にとって時間はとても大切です。

自分の時間 me time が大好きです。

本を読んだり、勉強したり。

なので、無駄に外出はしません。失業していてお金もないし。

 

と国際結婚は文化があまりにも違いすぎると、妥協しあうことが難しくなります。

どっちかの文化によりすぎると、それも問題ですしね。

 

洋服や食べ物の好みなら、スルー出来るかもしれませんが、考え方の癖や、

普段のちょっとした行いは自文化が顕著に表れると思います。

 

と、メインのお題は・・・

結果、私はその行為が理解不能ということで落ち着きました。

 

明日は明日の風が吹く

 

お体ご自愛下さい。


人気ブログランキング