BLOG 50女「日本語教師」養成講座修了しました

こんにちはチオマです。

 

さぁ、半年の講義や実習を経て。

『公認』日本語教師の要件を満たせる日本語教師になりました。

大学は卒業式が中止となりましたが、養成講座は修了式をこじんまりとしていただきました。

 

BLOG 50女「日本語教師」養成講座修了しました。

 

 

日本語教師とは

日本語を母語としない人に対し日本語を教える教師です。

 

語学を教えるだけが日本語教師ではない。

文化庁も専門家としての日本語教師に求められる資質・能力について以下のようにいっている。

1. 言語教育者として必要とされる学習者に対する実践的なコミュニケーション能力を有していること。

2.日本語だけでなく多様な言語や文化に対して、深い関心と鋭い感覚を有していること。

3. 国際的な活動を行う教育者として、グローバルな視野をもち、豊かな教養と人間性を備えていること。

4.日本語教育に関する専門性とその社会的意義についての自覚と情熱を有し、常に学び続ける態度を有していること。

5. 日本語教育を通した人間の成長と発達に対する深い理解と関心を有していること。

 

そうなんです。教えればいいだけではないんです。そして教えるではなく学習者を支援するという考えでいることも重要なポイントです。



養成講座で学ぶ

 

養成講座もいろいろな学校が開講していますね。

・420時間コース

→週末だけ1年間、午前だけ半年 等いろいろあります。

 

・日本語教育検定試験対策コース

 

*学校により特色があります。

教授法は媒介語をつかわない直接法の学校であっても、

初級は追い込み型(学習者に知らない語を日本語で言いたい気持ちにさせるタイプ)

追い込みせず、新出語彙を先に入れてからテキスト本題に入るなど、

あります。

 

追い込み型は大変ですが、学習者の気づきや「言いたい気持ち」を作ることにより、より多く記憶に残り使える日本語になっていくような気がしますし、学習者もそう言っていました。

・費用 50~60万

学校により違いますが、実習に力を入れているところがいいですね。

実際の学習者に対して何度も実習をしている方が採用試験で模擬をする際にも胸を張って挑めますから。

 

就職はどう?

・・・今の情況は大震災よりひどい状況であることが事実です。

なんせ、留学生が入国できませんから、閉校する日本語学校もあるようです。(国内・海外問わず)

現状は専任教師、非常勤講師の募集はでるものの、未経験で50歳は書類で落とされる状態です。ほんと、私が学校を経営する側だったら、未経験なら若い子をいれますから・・・

仕方ないですね。

そして、内定いただいても実際に学生はいませんから人材(に補語教師)をkeepしたい学校側の都合で内定をされ内定を取り消される感じです。

ちなみに・・・十数名いた日本語教師養成者ですが就職がきまったのは(常勤)1名だけでした。(パート(非常勤)は2名)

遠回りできない年齢に人ですと採用されて非常勤、掛け持ちでバイトをたくさんしないと生計が保てないと実感しました。

今から養成講座に入る方は覚悟をして始めてくださいね。

 

まとめ

素晴らしい必要とされている仕事の割には薄給、検定試験は超難関なのはいかがなものか?と考える日々でした。

個人ではどうにもならない、政府が動かないと高齢化が加速する日本で、外国人労働者の力は条件のいい他国にどんどん奪われてしまいます!・・・・

さっ失業保険の期限内にどうにか就職します!

結果はまた報告しますね。

あきらめない!自分の人生ですから・・・

 

今は日本語教師にならない方がいい!!

日本語教師が資格として認定されることは当面難しいようですね。

あんなに難しい検定試験は、勉強する時間が勿体ないと私は受験をしませんでした。

薄給なうえに、職にありつけない・・・生計を立てることができませんから。

 

これから養成講座等を受講しようと考えていた方、いったん保留にされた方がいいいと思います。

 

それでも日本語教師になりたい人は「若いうち」から準備して、経験を積み、非常勤でバイトを複数しながら常勤になれるまで頑張るしかないです。

もしくは、日本語教育を修士までやる。

修士や博士でしたら国内・海外の大学や日本語学校で常勤として採用される可能性も高いですから。

以下、ニュースを抜粋

数日前にニュースで文化庁が法律に基づく国家資格とすることの必要性に疑問を呈し、

「国家資格の創設という手段を取る必要性を法制的に説明することが難しい」との見解を表明した。

 

日本語教師の国家資格の問題は解決しそうにありません。

超高齢化社会を迎えた日本。

日本の行く末が謎すぎるこの頃です。

 

お体ご自愛下さい。


人気ブログランキング

コメントお願いします。